親知らず・埋伏歯の抜歯

  • tel.jpg
  • 24時間WEB予約

親知らず・埋伏歯

親知らずとは

親知らずとは、前歯中央から数えて8番目に生えてくる歯のことです。親知らずは永久歯に生え変わった後に生えてくるために、曲がって生えてくることが多く、正常に出てくることができずに顎の骨に埋伏したままということもあります。そうした場合には、ブラッシングが行いにくくなって、虫歯や歯周病にかかりやすくなったり、隣の歯を押すことで不正咬合の原因となったりすることがあります。尼崎・武庫之荘で痛くない親知らず抜歯はお任せください。

埋伏歯とは

埋伏歯とは、歯が正常に生えるために必要なスペースがないことなどが原因で、顎の骨や粘膜に埋まったまま出てこない歯のことです。埋伏歯の中で最も多いのが、親知らずです。骨の中に完全に埋まっているものを「完全埋伏歯」、一部分が出ているものを「不完全埋伏歯」と言います。また、横向きに埋まっている親知らずを「水平埋伏歯」と言います。
埋伏歯の中には悪影響を及ぼさないものもありますが、隣の歯を押すことで不正咬合の原因となったり、嚢胞を引き起こしたりするものもあります。また、親知らずが不完全埋伏歯の場合には、その周辺の歯茎で「智歯周囲炎」が起こることもあります。尼崎・武庫之荘で埋伏歯抜歯なら、御来院ください。

あなたの歯の将来を見極めて治療します

上下で上手く噛み合っていたり、他の歯に悪影響を及ぼしていなかったりするのであれば、親知らずといえども抜く必要はないと考えています。不正咬合が起きていたとしても、その原因が本当に親知らず・埋伏歯にあるのかをきちんと突きとめなければいけません。ただし、今はきれいに生えているように見えても、いずれ他の歯に悪影響を及ぼす危険性がある親知らずに関しては、抜歯を提案することもあります。抜歯が必要な場合は、まずはしっかり消炎治療をしてから手術を行います。

親知らずの抜歯を検討した方がいいケース

隣の歯の虫歯や歯周病などの原因となっている

親知らずが傾いて生えてきているなど、隣の歯のブラッシングを阻害しているために虫歯や歯周病などの病気の原因となっている場合には、抜歯を検討する必要があります。

親知らずそのものが虫歯にかかっている

正常な方向に生えてきていないために、ブラッシングが行いにくく、親知らずそのものが虫歯になっている場合には、抜歯を検討する必要があります。

隣の歯を押すことで不正咬合の原因となっている

横に傾いて生えていたり、顎の骨に埋伏したりしている親知らずは、隣の歯を押すことで不正咬合の原因となる場合があります。

痛みや腫れなどの症状がある

親知らずが原因で痛みや腫れなどの症状がある場合には、抜歯を検討する必要があります。

口臭の原因となっている

正常に生えてきていない親知らずは汚れが溜まりやすいため、口臭の原因となる場合があります。

歯牙移植

歯牙移植とは

従来であれば、虫歯や歯周病などの病気や事故などで歯を失ってしまった時には、部分入れ歯などで治療するのが一般的でしたが、現在は自分の歯を欠損部分に移植することが可能で、これを「歯牙移植」と言います。主に奥歯を抜歯しなければならない場合などに、抜歯と同時に親知らずを抜いて移植します。ブリッジのように健康な歯を削る必要がなく、親知らずの移植であれば保険適用となるため費用を抑えることができます。また人工歯ではなく自身の歯である親知らずを用いることで、歯本来の感覚を取り戻すことが可能となります。ただし、当然ながら移植する条件として、健康な親知らずが生えていることが必要となります。歯牙移植でご不明な点は、当院までお問合せください。

歯牙移植の条件
抜歯しても噛み合わせに影響がない、健康な歯(親知らず、転位歯、過剰歯など)がある
抜歯する歯と移植する歯の大きさが近い
移植する部位の顎の骨に十分な厚みがある
移植する歯根の形が単純な方が、成功率は高い
抜歯後すぐ、あるは1ヶ月以内の方が歯牙移植には有利