栄養療法

  • tel.jpg
  • 24時間WEB予約

分子整合栄養医学による栄養療法

分子整合栄養医学による栄養療法(※オーソモレキュラー療法)とは、生体の構成する細胞を分子レベルでとらえ、必要な栄養素を補給し、分子を適切な濃度に保つことで、人間の約60兆個の細胞の生合成や代謝を整えて様々な疾患を改善させる治療方法です。
日常の様々な症状は、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素の不足による栄養バランスの乱れが原因で発現することが多いため、血液検査データから不足している栄養素を探り出し、充分量の栄養素の摂取(サプリメントの提供)や食事療法、生活習慣の改善などにより自然治癒力を高めることで、症状の改善、さらには病気の進行を防いだり、予防したりすることができるようになります。尼崎・武庫之荘の当院では、オーソモレキュラー療法を行っております。

オーソモレキュラー療法

「オーソ」とはギリシャ語で「正しい・適切」という意味で、「モレキュラー」とは「分子」という意味です。つまりオーソモレキュラー療法とは、「分子を適切に保つ」ための治療であると言えます。

栄養療法はこんな方におすすめです

  • 虫歯になりやすい
  • 歯周病になりやすい
  • 口内炎ができやすい
  • 知覚過敏の症状がある
  • 粘膜疾患がある
  • 抜歯などの手術後の経過がよくない
  • 歯科治療後の経過がよくない
  • 舌がむくみやすい
  • 舌が痛い
  • 舌に溝がある
  • 味覚障害
  • ドライマウス(口腔内乾燥症)
  • 唾液の質が低下している
  • 炎症が起きやすい
  • 口臭がある
  • 口腔周囲の肌荒れが気になる

口腔内のトラブルは、体のトラブルの一症状です。健康な歯、歯茎、唾液のためには、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取することが大切です。まずは、自分に必要な栄養素を知るようにしましょう。尼崎・武庫之荘の当院では血液検査データ解析によって、患者様お一人おひとりの状態を詳しく確認した上で、口腔領域とそれに関連する疾患の改善を目的とした栄養療法を提供します。

こんな症状はありませんか?

鉄(Fe)欠乏

歯茎から血が出る
知覚過敏の症状がある
顎の関節に痛み・違和感がある
食べ物が上手く飲み込めないことがある

タンパク質(Protein)欠乏

唾液量が少ないため、口の中がすぐに乾燥する
舌がむくんでいる

亜鉛(Zn)欠乏

口臭がある
舌の粘膜が荒れている
食事の際に、舌がしみることがある
味覚異常

ビタミンB(VB)欠乏

口内炎がよくできる
口角炎がよくできる
舌に溝がある

栄養療法の内容

サプリメント

血液検査データから必要な栄養素と量を解析し、毎日の食事内容や生活習慣の指導なども行いながら、サプリメントを提供して栄養を補って病態を根本から改善していきます。

血糖調節

糖負荷検査や血液検査データに基づき、病態を評価します。その後、毎日の食事内容や生活習慣の指導、サプリメントの提供などにより改善させていきます。

高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度のビタミンCを静脈から投与する方法です。食品による摂取と違い、高濃度ビタミンC点滴療法では、血中濃度を高めることで、歯周病などの病気に対する治療効果が得られるとされています。また、経口摂取と比べて高い効果を即効性が期待できます。粘膜疾患、慢性炎症などが対象となります。

栄養療法の流れ

問診票記入

ご来院頂きましたら、現在の症状やお悩みなどを確認するために、問診票をご記入頂きます。

矢印

カウンセリング

ご記入頂いた問診票をもとにカウンセリングを行い、より詳しく症状やお悩みなどを確認します。

矢印

血液検査・尿検査

お体の状態を把握するために、血液検査・尿検査を行います。

矢印

診断

検査データや問診票をもとに、栄養解析レポートを作成します。あわせて、現在の患者様の体の状態や、必要な栄養素についてご説明します。

矢印

栄養療法開始

診断結果をもとに、患者様にあったサプリメントの提供や、毎日の食事内容や生活習慣の指導などを行います。

矢印

症状の変化の確認・再検査

症状の変化を確認し、3~6ヶ月後に再検査を行い、栄養状態を確認します。

栄養療法は3ヶ月以上継続することが大切です

栄養療法によって体本来の機能を取り戻すためには、3ヶ月以上治療を継続することが大切です。患者様によっても異なりますが、3ヶ月程度継続すれば、体調や血液検査データの改善など、一定の効果を実感して頂くことができるようになります。サプリメントの摂取などによって補給した栄養素が代謝に回るまでには時間がかかりますので、焦らずに3ヶ月以上治療を継続して頂ければと思います。

食事とサプリメントによる改善

栄養療法では、サプリメントを提供することで必要な栄養素を補給したり、毎日の食事内容や生活習慣を指導したりすることで、症状を根本から改善させていきます。ただし、あくまで治療の中心は食事や生活習慣の改善にあり、サプリメントの摂取はそれを補助するためのものとお考えください。
例えば、一人暮らしをされているご高齢の方の中には、うどんなどの麺類だけや、ご飯と少しのおかずなど、炭水化物中心の食生活を送られている方もいますが、こうした内容の食事だと、栄養素が不足して口内炎ができやすくなったり、なかなか歯周病が治らなかったりすることがあります。しかし、ご高齢の方に種類豊富な食事を食べてもらうのは難しい場合があるため、そうした時にはサプリメントで必要な栄養素を補って頂くようにしています。
一人暮らしをされているご高齢の方に限らず、現代人の食事は炭水化物が中心で、タンパク質が不足しているとされていますので、肉類、魚介類、豆類、イモ類などのタンパク質を多く含む食材を中心に、バランスのよい食事を心がけるようにしましょう。

ご希望の方は、尼崎・武庫之荘の当院までご相談ください。

高濃度ビタミンC点滴療法

美白や皺・たるみの解消など、美容効果が注目されることの多い高濃度ビタミンC点滴療法は、歯科診療と関係ないようにも思われますが、実はインプラント手術の傷の治癒を早めたり、歯周病やインプラント周囲炎が予防・改善できたりするなど、歯科診療においても様々なメリットが期待できます。

高濃度ビタミンC点滴療法の効果

インプラント手術の傷の治癒を早めることができる
歯周病やインプラント周囲炎を予防・改善することができる
歯茎などの歯周組織を強化することができる

ビタミンCが不足すると、初期の歯周病である「歯肉炎」にかかるリスクが高まるとされています。また、歯周組織を破壊する歯周病には、コラーゲン合成促進効果のあるビタミンCが有効であると言われています。そして重度の歯周病にかかっている場合、歯石除去(スケーリング)などを行うと歯茎から出血することがありますが、その際に歯周病によって産生された炎症物質(サイトカイン)や活性酸素が歯茎の血管を通じて血液中に流れ込み、糖尿病や心筋梗塞、血管障害などの全身疾患に悪影響を与えることが知られています。高濃度ビタミンC点滴療法では、このサイトカインや活性酸素を消去し、そうしたことを防ぐ効果が期待できます。

こんな方におすすめです

歯周病にかかっている方(特に重度の歯周病にかかっている方)
インプラント周囲炎にかかっている方
歯周病やインプラント周囲炎を予防したい方
歯周病治療後や、インプラント治療後のメインテナンスを受けられる方
インプラント手術や、口腔外科手術を受けられた方
口内炎がよくできる方
煙草を吸う方(喫煙はビタミンCを破壊し、歯周病リスクを高めるとされています)