顎関節症・歯ぎしり・いびき

  • tel.jpg
  • 24時間WEB予約

顎関節症(がくかんせつしょう)とは?

「口が大きく開かない」「顎が痛い」「口を開けた時に音がする」といったこれらの症状は、顎関節症の三大症状と言われています。自然に治すことのできる軽い症状から、口が開けにくかったり、痛んだり、開口障害のために食事がしづらくなったりして、メンタルにも影響が現れて、生活に支障をきたすほどの症状に苦しまれる患者様もいます。症状はめまいや倦怠感、こり、痛みなどの全身に及ぶことがあり、重度の場合には手術が必要となることもあります。尼崎・武庫之荘で顎関節症でお悩みの方はご相談ください。

発症のメカニズム

顎関節の中に「関節円板」という軟骨があり、この関節円板は様々な筋肉や靭帯で支えられ、関節頭が前方にずれる動き(滑走運動)をする時に連動して移動します。しかし、噛み合わせの異常などの要因により、関節円板を支えている筋肉に緊張が加わると、関節頭の動きに連動できなくなることがあります。そして関節円板が開口動作の邪魔をすることで、痛み、関節雑音、口が開きにくいなどの症状が引き起こされます。

顎関節症の原因

ブラキシズム

食いしばり、歯ぎしり、歯をカチカチと鳴らすなどの歯の動作により、顎関節症が引き起こされる場合があります。

ストレス

仕事や家庭、人間関係など、日常生活の中の様々なストレスは筋肉を緊張させ、食いしばりを起こしたり、睡眠時の歯ぎしりを強くしたりして、ブラキシズムに影響を与える場合があります。

噛み合わせ

不正咬合によって顎位(顎の位置)がずれ、生理的な関節の位置や顎位が得られなくなり発症してしまうケースがよくみられます。不正咬合は、偏咀嚼やブラキシズムの発生とも深い関わりがあるとされていることから、顎関節症の主な原因の1つと考えられています。また、不良な矯正治療や歯科治療によって噛み合わせが悪くなり、顎関節症が発症してしまうこともあります。

偏咀嚼

食事の時に、左右の顎どちらから片方で噛んでしまう癖を「偏咀嚼」といいます。片方の顎にばかり負担がかかることが、発症の原因となります。

その他

歯科治療の際に、口を大きく開け過ぎたり、顎などを強く打ってしまって顎関節や靭帯などを損傷したりした時にも、顎関節症が発症する場合があります。

顎関節症の症状

代表的な症状
  • 口が大きく開かない(開口障害)
  • 顎が痛い
  • 口を開けた時に音がする(関節雑音)
  • 噛み合わせた時に違和感を覚える
  • 口をしっかりと閉じることができない
その他の症状
  • 顎関節部やその周辺の痛み
  • 耳鳴りなどの耳の痛みや、耳が詰まった感覚、難聴やめまいなど
  • 目の疲れや、充血、流涙など
  • 歯痛や舌の痛み、味覚異常、口腔内の乾燥など
  • 首や肩、腰、背中などの痛みや、頭痛や肩こりなどの全身の痛み
  • 四肢に及ぶしびれなど

顎関節症の治療

尼崎・武庫之荘の当院では患者様の症状に応じて、スプリント(マウスピース)や矯正治療などにより、症状の緩和・改善を目指します。

スプリント療法

「スプリント」というマウスピースを装着してブラキシズムをコントロールし、顎関節や筋肉への負担を軽減します。

薬物療法

痛みが強い場合は、薬を使用して炎症を鎮めます。痛みによって筋肉が固まってしまった場合には、筋弛緩剤を使用します。

咬合治療

噛み合わせの異常が原因で、それを改善することで症状の抑制が見込める場合には、咬合治療を行います。

矯正治療

顎関節症の治療では、いかに「上手に歯ぎしりができる状態」を作れるかが重要となります。そのため、矯正治療は原因にアプローチした根本的な治療方法であると言えます。矯正治療で噛み合わせの高さや顎位などを調整し、不正咬合による顎のずれを本来あるべき位置に戻すことで、関節と関節円板のバランスを整えます。

外科療法

様々な治療を行っても症状が改善しない場合には、外科療法を行う場合もあります。顎の関節内の炎症がひどい場合には、関節内部の物質を針を用いて流出させる「関節口腔内洗浄療法」を行い、関節内で関節円板と骨がくっついてしまっている場合には、「関節鏡手術」を行い、それを剥がします。

マウスピース治療

尼崎・武庫之荘にある当院では睡眠時の歯ぎしりやいびき、睡眠時無呼吸症候群、ドライマウス、顎関節症などに対してマウスピースを用いた治療を行っています。医療用マウスピースは特殊な形状をしており、装着することで下顎が持ち上がって気道を開くことができるため、いびきや無呼吸状態の防止などに効果的です。いびきをかいていると熟睡しているように思えますが、実際は「呼吸が圧迫されている状態」なため、眠りが浅くなっています。つまり、眠りの質が悪い状態です。毎日しっかり睡眠をとっていても、睡眠の質が悪いと睡眠不足となるため、体に悪影響を及ぼす場合があります。
また、いびきや睡眠時無呼吸症候群などの治療用以外にも、ラグビーやアメリカンフットボールなどで用いられるスポーツ用マウスピースもお作りしていますので、お気軽にお問い合わせください。

マウスピース治療の利点

費用を抑えつつ、比較的高い治療効果が得られる
旅行先や出張先にも持っていくことができる
長期間使用することができる

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠時に呼吸が止まってしまう病気です。
10秒以上呼吸が止まった状態を無呼吸とし、7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間の睡眠中5回以上あれば、睡眠時無呼吸症候群です。
本人の睡眠時に起こるため、なかなか自分で気付くことができないために、検査・治療を受けていない方が多くいると言われています。

睡眠時無呼吸症候群の場合、寝ている間の無呼吸が、起きているときの私たちの生活に様々な影響を及ぼすことがあります。歯科医院では、マウスピースを作製し、睡眠時の無呼吸を防ぎます。尼崎で睡眠時無呼吸症候群のマウスピース作製はお任せください。