入れ歯・ブリッジ

  • tel.jpg
  • 24時間WEB予約

入れ歯・ブリッジ

入れ歯・ブリッジをお考えの方へ

歯を失ったままにしていると、噛み合わせが悪くなって「ものがしっかりと噛めなくなる」「虫歯や歯周病などの病気にかかりやすくなる」「肩こりや頭痛などの不定愁訴の原因となる」など、様々な悪影響が及ぶ場合があります。なので、決して放置せずに歯科医院で入れ歯・ブリッジなどの適切な治療を受けられるようにしてください。尼崎・武庫之荘の当院では保険適用の入れ歯だけでなく、「ノンクラスプデンチャー」「金属床入れ歯」などの自費診療の入れ歯も取り扱っています。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の比較

 保険の入れ歯自費の入れ歯
床の種類 決まった種類からしか選べない 様々な種類から選べる
固定方法

作製パターンが決まっているため、

限られた中から選択することになる

様々な作製パターンの中から、患者様に最適な方法を選択できる
作製にかかる工程 少ない(作製工程が決まっている) 多い(ゆっくりと時間をかけて作製できる)
違和感 違和感が生じることがある 違和感を軽減することができる
耐久性 やや劣る 優れている

自費の入れ歯

  • 床の種類
  • 様々な種類から選べる
  • 固定方法
  • 様々な作製パターンの中から、患者様に最適な方法を選択できる
  • 作製にかかる工程
  • 多い(ゆっくりと時間をかけて作製できる)
  • 違和感
  • 違和感を軽減することができる
  • 耐久性
  • 優れている

保険の入れ歯

  • 床の種類
  • 決まった種類からしか選べない
  • 固定方法
  • 作製パターンが決まっているため、限られた中から選択することになる
  • 作製にかかる工程
  • 少ない(作製工程が決まっている)
  • 違和感
  • 違和感が生じることがある
  • 耐久性
  • やや劣る

入れ歯の種類

保険の入れ歯

床部分にレジン(歯科用プラスチック)を使用した入れ歯です。部分入れ歯の場合、留め具は金属のバネとなります。レジンを使用するため、ある程度の厚みが必要となりますが、費用を抑えることができます。

メリット

  • 保険が適用されるので、費用が抑えられる
  • 破損が生じても、比較的簡単に修理することができる
  • 適応となる症例の範囲が広い

デメリット

  • 使用できる素材の種類が決まっている
  • ある程度の厚みが必要となるため、装着時に違和感が生じることがある
  • 長期間使用すると、変色やすり減りなどが起こることがある
  • 顎の骨の吸収が起こりやすいため、定期的に調整しなければいけない場合がある
ノンクラスプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)を使用せずに、床部分の範囲を広げて歯茎を覆うことで固定する部分入れ歯です。クラスプがないので装着しても他の人に気づかれにくく、お口まわりの印象を損ないにくいほか、入れ歯が外れたり、ずれたりすることが少ないという特徴もあります。金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂ける入れ歯です。

メリット

  • 樹脂の弾性を利用して固定するため、クラスプが必要なく、装着しても他の人に気づかれにくい
  • クラスプがないので、お口まわりの印象を損ないにくい
  • 入れ歯が外れたり、ずれたりしにくい
  • 床部分を薄く作製することができるので、装着時の違和感が軽減できる
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 適用できる症例に制限がある(残存歯が少ない場合には、使用できないことがある)
  • 素材自体の寿命が短い
  • 補修できない素材のため、破損した時には新しく作り直さなければいけない
金属床入れ歯

床部分に金属フレームを使用した入れ歯です。金属フレームを使用することで強度が確保されるほか、薄く作製することができるので、装着時の違和感を軽減することができます。また、食べ物や飲み物の温度差が自然に感じられるようになるので、食事を美味しく味わうこともできます。

メリット

  • 床部分に金属フレームを使用しているので、耐久性に優れている
  • 薄く作製することができるので、装着時の違和感が軽減できる
  • 金属は熱伝導に優れているので、食べ物や飲み物の温度差が自然に感じられるようになり、食事を美味しく味わうことができる
  • 汚れや臭いが付着しにくい
  • 細かな調節が可能なため、適合性の高い入れ歯を作製することができる
マグネットデンチャー

歯根に金属を装着させ、入れ歯に超小型磁石を埋め込み、磁力で固定する入れ歯です。強力な吸着性があるので、入れ歯が外れたり、ずれたりすることはほとんどありません。その一方で、横から大きな力が加わった時などには、外れて力を逃がすので、歯根にかかる負担を軽減することができます。クラスプがないので、装着しても他の人に気づかれにくく、お口まわりの印象を損ないにくい入れ歯です。

インプラントオーバーデンチャー

顎の骨にインプラント体を埋め込み、それを土台として入れ歯を固定する方法です。高い安定性と咬合力が期待でき、自分に歯に近い感覚を取り戻すことができます。ただし、インプラント体を埋入するために、外科手術が必要となります。

メリット

  • 高い安定性と咬合力が期待できる
  • クラスプがないので、お口まわりの印象を損ないにくい
  • 比較的調整しやすい

デメリット

  • インプラントを埋入するために、外科手術が必要となる
  • 他の入れ歯と比べると、費用が高額になる

ブリッジとは

ブリッジとは、歯の欠損部分の両隣の歯を削り、それを土台として人工歯を被せる方法です。人工歯の種類によっては、保険が適用されることもあります。
入れ歯よりも装着時の違和感を軽減することが可能で、お口まわりの印象も損ないにくいという特徴があります。さらに、入れ歯よりも高い咬合力が期待できます。ただし、両隣の健康な歯を削らなければいけない、土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮めてしまう可能性があるなどのデメリットもあります。

※写真は奥の3つ被せ物が入っている箇所がブリッジです。尼崎・武庫之荘でブリッジをお考えの方はご相談ください。

メリット

  • 高い安定性と咬合力が期待できる
  • クラスプがないので、お口まわりの印象を損ないにくい
  • 比較的調整しやすい

デメリット

  • 歯の欠損部分の両隣の歯を削る必要がある
  • 土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性がある
  • 発音に問題が生じる場合がある
  • 歯の欠損部分の顎の骨が吸収される場合がある